人身事故の三つの責任を理解する

交通事故は起こしたくて起こすわけではありません。
それは誰もが同じでしょう。
でも運転をしているという事は何が起きてもおかしくない状況であると考えておくべきです。
どんなに注意を払っても、どんなに交通安全に徹していても、交通事故を起こしてしまう、交通事故にあってしまうという事があります。

もしも、自分が人身事故の加害者となってしまった場合、三つの責任を負う事になります。
民事、刑事、行政上の責任です。
民事責任は被害者に対する損害補償、行政は交通違反同様免許証の累積点数に対する効力停止・取り消しなどの処分、さらに刑事責任は懲役や禁固刑、罰金刑などの処分があります。

民事については被害者の方に与えた損害を賠償しなければならないという責任となりますが、人身事故の場合、民法、自賠責に基づき発生するもので物損の場合には自賠責が適用とならないため、民法の責任が発生します。
そのため、人身事故で特に理解しておくべきことは行政処分と刑事処分です。

人に対して傷を負わせていないという交通事故、つまり物損事故の場合、人身事故とならず物損、若しくは自損事故という事になりますので人身事故の定義に当てはまりません。
人身事故となれば被害者はもちろんのこと、加害者、そして家族の生活が大きく変わります。
人生の中で大きな出来事となりますので、どのような責任を負う事になるのか、しっかり理解しておくことが必要なのです。

当サイトは万が一、交通事故加害者となってしまった時、出来る限りの対応ができるようにサポートするサイトです。
人身事故について当サイトで少しでも知識を持っていただけたら幸いです。